iDeCoで老後の資産形成を応援する制度です。

>

iDeCoのメリット・デメリットについて

iDeCoのメリット

iDeCoの最大のメリットは、掛金が全額所得控除の対象となるため、所得税と住民税が軽減されます。
年末調整や確定申告で、所得や掛け金に応じて税金が戻ってきます。
また、毎月の積立により節税にもなることは大きなメリットといえるでしょう。

運用で得られた利息や配当金、売却益等にも税金はかかりません。
通常の運用の場合利息がかかります。
受け取る場合にも公的年金等控除の対象となり、「一時金」「年金」「一時金と年金の両方」いずれの場合にも退職所得控除の対象となるため、所得税等が軽減されます。
iDeCoで取り扱われている投資信託は、一般の投資信託より信託報酬など運用期間中にかかるコストが低く、購入手数料がかかりません。

iDeCoのデメリット

iDeCoの最大のデメリットは、老齢給付金として受け取ることが目的ですので若いうちは引き出すことが出来ません。
死亡した時・病気が怪我で障害がでた時のみ途中解約が認められています。
しかし、積立が厳しくなってきたら積立金額を減らしたり、積立を一時休止するということは可能です。
iDeCoに加入できる年齢は60歳未満と決められています。
人生100年時代といわれていますので、運用できる期間が短いといえるかもしれません。
iDeCoでは口座開設・維持に、手数料がかかることです。
長期にわたりますので、手数料を考慮して金融機関を選ぶ必要がありますね。
iDeCoに加入する時に2777円、運用期間中は月額167円ですので年間2004円かかります。


この記事をシェアする